ビーグレンスキンケアの効果的な使い方

ビーグレンスキンケアの効果的な使い方

クレイクレンジングQ&A

クレイクレンジングの疑問について、まとめました。

 

Q:洗顔後、汚れが落ちたという感覚がない。

 

A:ビーグレンのクレイクレンジングは、脱脂力の強い界面活性剤を使用していません。
  また、スクワランやヒアルロン酸といった保湿成分の働きにより、洗いあがった直後から、
  肌がしっとりしているため、他社の洗顔料のように油分が取れたことによる
  ‘すっきり感”はないかもしれません。
  しかし、毛穴の奥の汚れまで、ナチュラルクレイがしっかり吸着し汚れを取り除いていますので、
  ご安心を!

 

Q:クレイクレンジングでメイクは落ちるの?

 

A:ナチュラルメイクをされている場合は、クレイクレンジングで2度洗いをしてください。
 1度目でメイクアップを落とし、2度目でお肌の汚れを落とします。
 ただし、ファンデーションやアイメイクを使用されている場合は、お手持ちのクレンジングと
 併用されることをオススメします。

 

Q:ウォータープルーフのアイメイクも落ちる?

 

A:ウォータープルーフのファンデーションや、日焼け止め、メイク製品を使っている場合は、
  専用のクレンジングと併用してください。

 

>>クレンジングクリームについては、こちらを参考にどうぞ

 

化粧水のQ&A

Q:10-YBローションとクレイローションのどちらにするか?
 (ニキビが気になる場合)

 

A:ビーグレンの化粧水には、どれも保湿、美白ケア、ニキビのお手入れに効果的な成分を配合されていますので、
 それぞれの化粧水を使ってみて、お肌のしっとり感を比べていただくなど、自分の肌に合ったものを使いましょう。

 

 とはいっても、最初からすべて買ってみる、というわけにはいかないと思いますので、
 下記に選ぶ際のポイントをまとめてみました。
 参考にしてくださいね(^-^*)

 

クレイローション

ニキビに対する消炎効果や肌に潤いを与えてキメを整える効果があるハーブを配合。
また、天然クレイのモンモリロナイトがお肌の表面に保護膜を作り、乾燥からお肌を守ってくれます。

 

ニキビが気になる場合には、ニキビの状態をみて、赤く炎症をおこしていたり、皮脂が過剰にでている状態であれば、
消炎効果と保湿効果のあるクレイローションで、まずはお肌を整えるのがオススメです。

 

10-YBローション(さっぱりタイプ)

ビーグレン独自の美肌成分「EXポリリン酸」が肌細胞の再生力を高めて、ニキビ肌の悪化を防ぎます。
更に、長時間潤いを保持するコラーゲン・ヒアルロン酸、肌の再生力を高めるEGF、FGFなどの成分を浸透テクノロジーによって
しっかりお肌に届けるため、乾燥したお肌をしっとりと潤わせてくれる化粧水です。
お肌が安定していて攻めのスキンケアをしたい時には、10-YBローションがオススメです。

 

>>クレイ化粧水については、こちらを参考にしてください
>>10-YB ローションについては、こちらを参考にしてください

 

 

 

 

ビーグレンスキンケアの効果的な使い方関連ページ

セール情報

ホーム RSS購読 サイトマップ